« 宵々々山 | トップページ | 宵山のTV »

2007年7月15日 (日)

宵々山

Picu6967b_tna  未明には颱風も去った。颱風一過の爽やかな晴天!...かと思いきや、どんより曇り。夕方になって青空が顔を出し、日差しも時々のぞくようになったが、メリハリのない颱風。昨日のうちは雨が激しかったものの風は大して吹かず、洛中的には口ほどにもない颱風でした。長刀鉾では風で真木が倒れないようアーケードとロープで結んでおりました、のに。

○昼の部
F1052762a_tna Picu6853b_tna  我らが岩戸山でも一般搭乗受付中。鉾によっては60分待ちとか言う所もあったようす。でも今日の岩戸山はスムーズだったみたい。時間によっては祇園囃子の演奏があって大迫力状態になります。大抵の鉾は、町家から渡り廊下を通って乗り込むんだけど、この岩戸山は急な階段を登ります。スリリング。

Picu6867b_tna Picu6865b_tna  鉾や曳山はでっかい車輪を付けて引っ張りますが、舁山や傘鉾のばあいは、御神輿よろしく担ぐか、ちっこい車輪を付けて皆で押します。綾傘鉾がそれ。普通の荷車と比べてもかわいらしい車輪が付いています。 

Picu6905b_tna  舁山には人は乗らず、神様が乗ります。神様が実際に乗るのは巡行当日。それまでは山が建っても、町家で待機。橋弁慶山の場合は、神様と言うより義経、弁慶。おまけに橋まである。これらも懸装品と一緒に待機中なので、山自体はスケルトンなまま。ややさびしいかも。
Picu6890b_tnaPicu6891b_tnaPicu6893b_tna 義経弁慶の出会いの場所というと、松原橋(旧五条大橋)か五条天神でいずれも松原通沿いなんだけど、何故か蛸薬師通り。

Picu6911b_tna Picu6887b_tnaPicu6879b_tna 蟷螂山ではカマキリが元気。山の上にでっかいカマキリが乗っています。巡行当日にはこのカマキリが動く。でも、宵山まではダミーのカマキリが乗っていて動かない。
Picu6885_tna その代わりと言ってはナンですが、カマキリが運んでくれるおみくじをやっています。小鳥がおみくじを運ぶとか、つまようじを取るとかいうのがあるけれど、それのカマキリ版。手前のハンドルをガラガラポンの抽選器みたく回すとカマキリが行ったり来たりしてお社からおみくじを運んでくれる。見ていると結構けなげ。ちゃんとお辞儀をしておみくじを渡してくれます。

Picu6861b_tna Picu6913b_tna  木賊山の法被は木賊にウサギ。
 船鉾も雨が上がって、覆いが取れて船らしい威容を誇ってます。

○夜の部
Picu6945b_tnaPicu6930b_tnaPicu6929b_tna    夜が更けてくると駒形提灯に灯が灯り、いよいよお祭りらしくなります。出店も最高潮。昨日開店休業だったのを取り返そうと必至...かどうかは分からないですけど。でも、去年の方が混雑が激しかったような気がするのは、気のせい?
Picu6938b_tna 四条傘鉾では囃子方が、演奏中。他の鉾でも演奏していたけれど、鉾の上の音を地上で聞くより、手を伸ばせば触れそうなほど近くで演奏しているのでは迫力がちがいますな。
 四条傘鉾の祇園囃子月鉾の祇園囃子

 四条通も烏丸交差点に近づくと、明らかに逝ってしまったような異様な風体、言動の若者が男女を問わず増えてきます。ちょっと怖い感じ。去年、一昨年もそうだったっけか? 地球温暖化以上に由々しき事態なのかも。

|

« 宵々々山 | トップページ | 宵山のTV »

コメント

木賊山だから竹じゃなくてとくさでしょう。
http://www6.airnet.ne.jp/manyo/flower/tokusa.html
昔は刀を磨くのに使ったそうですが。

投稿: nekosan | 2007年7月16日 (月) 01時58分

 あらま。そうですね。m(__)m
 てっきり。去年手ぬぐい買ったんだけどなぁ。(^^ゞ

投稿: ichi | 2007年7月16日 (月) 02時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 宵々々山 | トップページ | 宵山のTV »