« きょうのきょう(出口調査) | トップページ | きょうのきょう(陽はまた昇る) »

2007年7月30日 (月)

歴史的退廃

 このたびの選挙で自民党が大敗したのは仕方ないのだろう。失態が多すぎた。年金記録問題とかは政府の失政と言うより、事務方たる官僚・公務員の怠慢の結果だと思うが、そういうものもひっくるめて責任を負うのが政権党というものなのだろう。民主党支持者が増えたのではなく、自民党批判票が民主党に流れた感じか。
 そんな中で、古い野党が軒並み議席を減らしたのがせめてもの救い。暴走時のブレーキとして注意喚起するぐらいはまだできるのだろうけど、別に他の野党でもそんなことはできる。古くなって役割を終えた思想は看板外してとっとと退場して欲しい。そんなことしたら地下に潜って分かりにくくなるだけ? オウムもアレフになってさらに看板を掛け替えて分かりにくくしようとしているようだし、かえってキケンか?
 他にも、話題系の候補が当選したようだ。議員が党首一人だけという政党も滑稽だが。これもバリエーションなのだろう。トンデモ系の皆さん、パフォーマンスにうつつを抜かすことなく、ちゃんと仕事してくださいね。

 衆議院が安定しているからまぁいいようなものの、参議院での法案の成立が遅滞して政策の遂行が妨げられるという噂もちらほら。やや心配気味。中身のある議論がされて、法案をレビューしブラッシュアップできるのならいいのだが。妙な駆け引きに終始して意味無く空転するんじゃないだろうな。一点だけ見て全体のバランスや実効性を欠いた法案が出てくるのも心配。野党は政権交代とか言っているようだが、とにかく何でも反対していればよかった今までとは違ってくる。ホントに政権担当能力があるか見極めるチャンスでもあるだろう。

|

« きょうのきょう(出口調査) | トップページ | きょうのきょう(陽はまた昇る) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« きょうのきょう(出口調査) | トップページ | きょうのきょう(陽はまた昇る) »