« 四条御旅所の日常 | トップページ | 京都市美術館 »

2007年7月28日 (土)

きょうのきょう(巣立つ命、瓶詰めの命)

 重ねて猛暑日。35.6℃。薄曇りっぽかったのにな~。

F1052830a_tna  暑さを避けて夕方お買い物にでかけたら、スーパーのそばの洋品店のアーケードの下でつばめさんご一行が休憩中。親子かな? 巣があるようには見えなかったんだが。巣立った後なのかも。この洋品店から2~3軒先のお店ではやはりアーケードの下に巣があったなぁ。そこからやってきたのだろうか?

F1052809a_tna  先日寄ったコンビニでは生魚を販売中。食用ではなく観賞用らしいですが。グッピーではなく、コッピー。瓶に密封しちゃって大丈夫なんだろうか?そういや、阿寒湖ではマリモが瓶詰めにされて売られていたな。店の人は「生きてます」とか話していたような気がするが。いいのか? 生き物に対しては責任を負いきれないので、我が家では飼育禁止になってます。例外はぬか床だけだな。

|

« 四条御旅所の日常 | トップページ | 京都市美術館 »

コメント

閉空間で魚と水草が共存してるんじゃ、小さな世界ですね
水草が酸素と食料を供給して、魚が糞と炭酸ガスを
供給して共存関係が成り立ってるんじゃ?

投稿: 矢萩 | 2007年7月29日 (日) 20時10分

 ビオトープとかいうやつかなぁ。餌も要らずに循環してたらすごいかも。小宇宙!

投稿: ichi | 2007年7月29日 (日) 22時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 四条御旅所の日常 | トップページ | 京都市美術館 »