« 山鉾巡行のTV | トップページ | 宴の始末 »

2007年7月17日 (火)

山鉾巡行

Picu7095b_tna  いよいよ巡行日。明け方まで降っていた雨も上がって、どんより曇り。時折ぱらつく。すっきりしないねぇ。

 出発点は四条烏丸。四条通を河原町通まで東進。四条烏丸~四条西洞院あたりには鉾の辻。山鉾が一時停車して出発を待つ。

Picu7092b_tna Picu7091b_tna Picu7089b_tna  我らが岩戸山も出陣。
 鉾の下には辻回し用の割竹や水を入れたバケツがぶら下がっています。自己完結型。

○くじ改め
Picu7072b_tnaPicu7070b_tnaPicu7028b_tna 四条烏丸を出発して堺町通りの手前でくじ改め。巡行の順番を決めたくじ通りの順番で出発しているか確認してもらいます。担当者が奉行役の京都市長にくじを渡して、読み上げてもらい、山鉾に帰っていく。ただそれだけのことなんだけど、仕草が大げさ。歌舞伎風。このあと、舁山は奉行の前でその場ターン1回をして巡行を続けます。くじ改め全景。(82MBあるけどそれでもよかったら、どーぞ。)

○注連縄切り(しめなわきり)
Picu7036b_tna Picu7033b_tna  祇園祭は八坂神社の祭礼。神社の神域は麩屋町通以東ということで、注連縄が張られています。巡行の先頭を行く長刀鉾がそこを通過する時に注連縄を切断する。鉾の前にまな板状の台をしつらえて、補佐役が注連縄を乗せて固定。そこを山鉾の中で唯一乗っている生稚児が刀で一刀両断。
Picu7054_tnaPicu7041b_tnaPicu7052b_tna  台を設えるのに手間取る。板に支柱が付いたような構造で、支柱を鉾の穴に差し込めばよい。...のかと思ったら、紐で縛ったりしている模様。刀を抜くにもしまうのも大げさな仕草を伴う。ま、慌てることはないのでしょうけど。動画は43MBあります、ご注意あれ。

○辻回し
Picu7145_tna Picu7146a_tna Picu7144a_tna  曳山鉾のカーブ。
 割竹を敷き詰めて滑りやすくした所へ鉾を持ってきて、横車を曳く。いつもの石持の部分だけでなく、車輪にも引き綱を巻き、てこ(?)も増設して横に回す。巡行の見せ場。一度では90°曲がれないので大抵3回に分けて回ります。うまく回れると、ギャラリーから拍手がおこります。
Picu7114_tna  このときの掛け声は「えんやらや」ではなく、「よ~いよ~いよ~~い~とせぇ~」。中には曳き手と息が合わず、掛け声をかけても回らなかったり、音頭取りが落っこちたり。向かって一番左(手前)の車輪にまたがっている人に注目。このあと、すぐに起きあがって作業に復帰していました。なんともなかったみたい。

|

« 山鉾巡行のTV | トップページ | 宴の始末 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 山鉾巡行のTV | トップページ | 宴の始末 »