« きょうのきょう(あすは真っ暗?) | トップページ | ftpクライアント探し(メモ) »

2007年6月 9日 (土)

きょうのきょう(西洞院通綾小路上ル印度國)

 降ったり止んだりするも晩には上がって星が出ていた。

F1052475a_tna F1052476a_tna ブランチは先日買った沖縄そば。ソーキが手に入らなかったのでチャーシューで代用。似てるから良いよね、別に。(^^ゞ
 晩飯は印度。思い立って出かけるには本国は遠いので、西洞院にある出先機関で代用。一応、オーナーからシェフ(というのか?)まであちらの方っぽいです。前に行ったときはウエイターもあちらの方っぽかったんだが、今回のウエイトレスは衣装や化粧はあちらっぽかったけど、中身は日本人っぽかったです。逆国際化?
F1052474a_tna  テーブルクロスや室内の壁紙、貼ってあるポスター、地図、マスコットがあちらぽい雰囲気なのはもちろんですが、部屋の隅には仏像というのか石仏というのかいっぱい無造作に置いてある。金属製の仏様から、石の像はあちこち欠けた一部分だったりして出土品っぽい雰囲気。本物(なんの?)かしら?

F1052473a_tna F1052472a_tna  お気に入りのカバブを食べてカレーだのインディアンポテト(仮称)だのナンだのたらふく。名前を聞く端から忘れてしまう頭脳が悔しい。(^_^;)
 すべておいしく頂いたのですが、カバブに付いてきた漬け物(?)が辛いのにびっくり。風味はキムチ。本場のはずっと辛いのかもしれないけど、フツーに日本で売られているキムチの辛さだけ10倍化したような感じ。爪の先ほどの一切れを食べたら、数分間は全くものの味が分からなかった。こんなものも本国の人は喰ってるのだろうか? 件の和製ウエイトレスに聞くと「当店で作っています。あちらでも食べているんでしょうねぇ。」と頼りないお返事。地続きの国だから似た味になるのか、決定的なスパイスが手に入らず苦肉の策で代用品を使って作ったらキムチ似になったのか。そういや、タイ料理屋ではタイ焼きそばにタクワンが入っていたっけ。異国での食材調達には苦労している、のかも。

|

« きょうのきょう(あすは真っ暗?) | トップページ | ftpクライアント探し(メモ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« きょうのきょう(あすは真っ暗?) | トップページ | ftpクライアント探し(メモ) »