« きょうのきょう(西洞院通綾小路上ル印度國) | トップページ | きょうのきょう(散髪行かなきゃ) »

2007年6月10日 (日)

ftpクライアント探し(メモ)

 先日のTIKAさんの指令(?)に従ってLinux機のwgetで自動ミラーリング環境を構築。とりあえず1時間おきにWebサーバの状態がローカルに反映されるようになった。これでバックアップは万全。Windows版もあったけど、自動化はUNIXの方がスマートね。

 勝手にバックアップやってくれるのは便利なんだが、GUIで作業環境をサーバにあわせたいときはやや不便。完全ミラーリングではなく、削除されたくないローカルファイルもあるし。普段はFFFTPを使っていて、ほぼ満足なんだが、操作一発で複数のサーバの一部のディレクトリの中から更新されたファイルだけDLできるソフトが欲しい。ローカルディスク間なら良いツールがいっぱいあるのに。...と、調べたら下のような結果。

 ばっちり同期!が一番良い線行ってるし、開発目的も合致しているようなのだが、如何せんタイムスタンプが狂うのでは全然ダメ。UT-JSTを勘違いしているだけじゃなく、ぜんぜんいじっていないファイルのタイムスタンプが中途半端な時間と勘違いしたりするので重傷。他のftpツールで調べてもタイムスタンプは変わってないのに。環境によってはちゃんと動く場合もあるので未練は残るが、一旦ファイルを壊されたらおしまいなので断念。なんなんでしょ?
 サポートBBSに問い合わせても、一回はずれの回答があっただけで以後梨の礫。お金払うのは危険ですね。

 ...と言うわけで残念ながらソリューションは発見できず。

  • FFFTP
    1. タイムスタンプを保持してDLする。○
    2. タイムスタンプによって新しいものしかDLしないのは可。○
    3. ブックマークはあるが、ディレクトリジャンプのみ(接続していないと使えないのでサーバ間のジャンプは不可)。×
    4. マクロ的な機能はない。×
  • ばっちり同期!
    1. 有償。△
    2. 自動実行可。◎
    3. マクロ的に特定ディレクトリのみをDLできる。◎
    4. タイムスタンプによって新しいものしかDLしないのは可。○
    5. タイムスタンプを保持してDLするのは可。(だが...)…
    6. DLしてきたファイルのタイムスタンプが狂っている場合がある。×××
    7. ↑UT相当になっている場合と、全くでたらめな時刻の場合がある。×××
    8. 日付だけのタイムスタンプになっているファイルでも時刻を拾ってこられる。○?
    9. サーバのタイムゾーンを指定できない。?
  • NextFTP
    1. 有償。△
    2. タイムスタンプを保持してDLするのは可(オプション)。○
    3. タイムスタンプによって新しいものしかDLしないのは可。○
    4. ブックマークはあるが、ディレクトリジャンプのみ(接続していないと使えないのでサーバ間のジャンプは不可)。×
    5. マクロ的な機能はない。×
  • SmartFTP
    1. 重い。△
    2. メニュー体系が独自過ぎ。△
    3. メニューが英語。△
    4. タイムスタンプを保持してDLするのは可。(だが...)…
    5. DLしてきたファイルのタイムスタンプが狂っている場合がある(UT相当?)。×××
    6. 表示は正常。サーバのタイムゾーンを指定するも解消せず。?
    7. 日付だけのタイムスタンプになっているファイルでも時刻を拾ってこられる。○?
    8. キュー機能でまとめてDLできる(接続していなくてもok)。○
    9. キュー情報はファイル保存可。○
  • TidyFTP
    1. タイムスタンプを保持してDLするのは可(オプション)。○
    2. タイムスタンプによって新しいものしかDLしないのは可。○
    3. サーバにないからと言ってファイルを消されることはない(ミラーリングなし)。○?
    4. ブックマークはあるが、ディレクトリジャンプのみ(接続していないと使えないのでサーバ間のジャンプは不可)。×
    5. マクロ的な機能はない。×
  • FileZilla
    1. キュー機能でまとめてDLできる(接続していなくてもok)。○
    2. キュー情報はファイル保存可。○
    3. キューファイルは、1ファイルずつパスを指定してあるので、ファイルが増えるのに対応してない。××
    4. タイムスタンプによって新しいものしかDLしないのは可。○
    5. サーバにないからと言ってファイルを消されることはない(ミラーリングなし)。○?
    6. タイムスタンプを保持してDLするのは可。○

<追記>
 その後、Windows版のwgetを入れてバッチファイルを作ってミラーする環境を構築してみた。一応okだが、オンデマンドで実行するにはCUIは使いにくい。
 なので未練たらしくWebを検索していたら、WinWgetwGetGUIなるツールを発見。
 どちらも処理自体はWindows版のwgetを使うらしい。WinWgetはGUIでパラメタを設定し、実行も可能。wGetGUIはwgetを呼び出すバッチファイルを生成する、と言うことのようだ。

 このうちWinWgetを使ってみたら、まぁまぁ使えるかも。
 wgetのパラメタをGUIで指定できると言うだけで、機能的には新しいものはない。一つのサイトの飛び飛びのディレクトリをDLするにはディレクトリの数だけ定義をしてやらないといけないし、ログもwgetの出力そのままだし。マルチスレッドを有効にしておくと、一つのサイトに一気にログインするので上限に達してしまうし(オプションで抑制可能)。サーバからしょっちゅうエラー喰らって「accept: Unknown error」とか言ってるし。
 でもま、一気に複数のサイトの複数のディレクトリをDLできるのでしばらく使ってみようかな。
 しかし、.listfileに関するログはじゃまっけだなぁ。

|

« きょうのきょう(西洞院通綾小路上ル印度國) | トップページ | きょうのきょう(散髪行かなきゃ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« きょうのきょう(西洞院通綾小路上ル印度國) | トップページ | きょうのきょう(散髪行かなきゃ) »