« 明石天文科学館のまわり | トップページ | きょうのきょう »

2007年4月 3日 (火)

明石天文科学館

Picu5494a_tna Picu5410a_tna  小学生の頃何度も通った明石天文科学館。私とは1歳違いらしい。成長してからはすっかりご無沙汰。35年以上は行ってない。平成の始め頃NIFTY-ServeのFSPACEに明石天文科学館というハンドルで書き込みがあったのを見たっけ。パソコン教室の最中とかでResしても会話にならなかったけど。一旦震災で壊れたもののほぼ以前の姿に復活。プラネタリウムの装置が近々更新されるという記事を読んで、慌てて訪問。三十数年ぶりの再会ですな。新快速で明石まで約1時間。近い、んだが、1日で往復すれば青春18切符の射程に入ってしまう。JRって高いのね。
   明石天文科学館は単なる科学館じゃなくて日本の標準時の子午線上に建っている。最寄り駅の山陽電鉄人丸前駅のホームにも子午線碑が建ってます。ひょっこりひょうたん島に串を立てたような形。懐かしいです。

Akashitenmonkagakukan2_tnaPicu5437a_tna 投影には時間があったのでまずは14階の展望室へ。ここからの海の眺めは格別。目の前に明石海峡を挟んで淡路島が横たわり、今では明石海峡大橋が今にも触れられそうな近くを横切る。眼下にはJRと山陽電鉄。こうやってみると明石海峡は泳いで渡れそう。

Picu5438a_tnaPicu5449a_tna 時間になって投影室前に集合。今回は20~30人くらいかな。親子連れやお年寄りが多かった。再会したツアイスは意外と小振り。こんなに小さかったけ?(^_^;) 子供の頃見てたから何でもでっかく見えたのかな? こんだけちっこい身体で星を沢山写すのか。

Picu5441c_tna ドーム型のプラネなので、星空は真上に広がる。当前というか自然ですな。いつの間にかドーム型では超リクライニングシートが当たり前になったようで、椅子にもたれると仰向けにひっくり返る。(@_@;) びっくりチェアさながら。いや、座り心地は良いんですけど、投影前にきょろきょろするにはやや不都合。身体が安定しない。後ろを通りかかった子供は、こけそうになって慌てて背もたれを掴んだはいいが、背もたれがあっさり倒れてくるので結局こけそうになっておったまげてました。ストッパとかないのか?

Picu5442a_tna 真上に広がる星空は自然で受け入れやすい。反面、映画となると四角い画面がドーム中程に映し出されるだけ。この辺は斜投影型(というのか?)の横浜や倉敷に負けますな。「IMAX」でしたっけ、標準長整数型の最大値関数みたいな名前の投影機だと、見ているだけで乗り物酔いしちゃうくらいの大迫力ですから。(^^ゞ でも、明石の方が正統派だよな、これがプラネだよな、と思いつつ懐かしく鑑賞(感傷?)。

Picu5444a_tna 6本にも見える足で立つ姿は蟻さんみたい。投影が終わる頃には鎌首もたげて、ちっこくなんてないぞ!と主張しているみたい。星の数の割にレンズが少ない。あ~、一個のレンズでどの位の範囲を映し出し、何個くらいの星を担当しているんでしょ? 基本が分かってないや。

Picu5463a_tna Picu5464a_tna Picu5461a_tna  投影が終わったあとは、展示の見学。
 子供の頃の記憶はほぼ失われているんだが、ほぼ唯一覚えているのは太陽系模型が投影室前のフロアにあってクルクル動かすことができた。あの頃でも既に塗装が剥げていたりして相当使い込まれたというか人気だったのだろう。さすがに当時の模型はなくなってる。その後継者みたいな展示物は動かないもののありました。連綿? はやぶさの映画を上映していた関係か、イトカワ・はやぶさの展示もあり。イトカワの模型の上にはゴマ粒のようなはやぶさまで作ってある。(^o^) ちゃんと帰ってきて欲しいですね、はやぶさ。

Picu5450a_tna Picu5432a_tna Picu5429a_tna  気になった展示物。
 展示、ではないけれどプラネと観測棟(時計塔?子午線標?)の間には日時計。針は自分自身です。宇宙図も掲示されてる。ん~、眺めるにはちょっとつらいかも。家でじっくり見たいから、100円くらいで販売してくれないかしら? 子午線。鏡を使えば無限の彼方まで引くことができます。他にも標準時計とか原子時計とか、時にまつわる展示品沢山。ツアイスのことばっか考えていて、もっとじっくり時間を取るべきだった。一日かけてじっくり一つ一つ眺めていたい。

Picu5453a_tna Picu5466a_tna Picu5473a_tna  番外編。
 コインロッカーも星座記号?
 昔の観測機器の展示は操作の実演付き(たぶんウソ)。
 「宇宙ナビゲーション」は書き込み禁止。

|

« 明石天文科学館のまわり | トップページ | きょうのきょう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 明石天文科学館のまわり | トップページ | きょうのきょう »