« きょうのきょう | トップページ | きょうのきょう »

2006年12月13日 (水)

馬鹿とハサミはWinny様

 ご近所でWinnyの作者に有罪判決が出たらしい。被告は控訴するつもりだと言うから決着したわけではないんだろう。馬鹿とハサミは使いようだとか、百害在って一利なしとかいろんな意見があるようだ。少なくともWinnyを使う人とはつきあいたくないと言うのが本音。どんなに技術的にすばらしくても、私的には機能に全然魅力を感じないし。危険なものは危険だし。
 かといって、その作者が即有罪というのも単純すぎる気がするが。まぁ、作者は原爆開発を推進した物理学者以上には微妙な立場だし、自らが生み出した事態に良心の呵責を感じて欲しいものだと思う。ノーベルもダイナマイトが戦争に使われるのを悲しんでノーベル賞を創設したと言うではないか。その点の反省が見えないのも有罪仕方なしと思わせる要因だな。
 世の中、出来ることと、やってもいいことは別だし、禁止されていなくてもやってはいけないことってのもあるんだということはしっかり認識しておくべきだろう。

 Winnyに限らず、法律すれすれとか法の盲点を突くような犯罪(ではない?)者が続出した一年だったなぁ。

|

« きょうのきょう | トップページ | きょうのきょう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« きょうのきょう | トップページ | きょうのきょう »