« VineLinux4.0 | トップページ | きょうのきょう »

2006年11月27日 (月)

大統一サーバ

 昨日今日とDNSと格闘。
 Internet系のサーバを一カ所に集めて、特定の業者に依存しない可搬型にできないかと考えているんだが。独自ドメイン名を使って全サーバ機能を自宅サーバに載せればほぼ完璧はなず。だけど、自宅サーバだと信頼性がいまいち。電源も機材も回線も運用要員も高品質で多重化しておかないことには不安満載。特に、運用要員は自分一人なので放浪中に故障されたらどうしようもない。リモートで復旧できるような軽微な障害ならまだしも、ハードや回線系の障害には駆けつけるしかないし。ので却下。
 安くて広くて太くて安定していて事業継続性があってドメイン持ち込めてメールとかシェルとか自由にいじらせてくれるレンタルサーバがあればいいんだけど...。

 自由度はかなり落ちるけど、とりあえず手持ちの業者で...と、ラクーカンココログを一つの持ち込みドメイン名で運用できないか画策。ドメインの管理をドメイン@niftyに委ねるとラクーカン連携ココログドメインマッピングで実現可能。だけど、単純にこれらの機能を使っただけではそのドメイン宛のメールが受け取れない。ドメインのDNSを自宅に置き、CNAMEでラクーカンとココログ用のホスト名を@niftyのサーバに振ってみたところ、ココログはココログ側でもドメインマッピングの設定をすることでok。だけど、ラクーカンはページが見つかりませんエラーになる。どうやらVirtualHostの設定ができないっぽい。そんな場合は有償だけどURL転送という手もある。ラクーカン用のサブドメインを切って、そのサブドメインのNSをドメイン@niftyのDNSにしてやると無事表示された。けど、ブラウザのアドレスバーに転送先アドレスが表示されたり、ページを移動しても指定したURLがずっと表示されて詐称状態になっていたりするので却下。
 この方式なら、DNSを押さえているのでメールサーバなりftpサーバなりを同じドメインでよそに立てることも可能なんだけど肝心のWebで落第。

 では、ドメイン@niftyにドメイン名の管理を委ねるとどうなるか。
 ラクーカン連携ココログドメインマッピングで実現可能なんだがそのままだと他のサーバが立てられない。何とかしてDNSを引き取れないかと試しにドメイン@niftyでドメインを取得して、DNSを自宅サーバに設定してみたらokだった。気をよくしてラクーカンはCNAME、ココログはNSでサブドメイン(ホスト名)を@niftyのサーバに振ってラクーカン連携ココログドメインマッピングも試してみたらok。ヽ(^。^)丿
 自宅サーバが絡むと外注化のコンセプトから外れるけど、自由設定可能なDNS以下のサーバをレンタルする業者があれば可能なわけだ。これを@niftyがやってくれれば一カ所に集めるという目論見も達成できるんだけど。現状では無理。

 というわけでフラストレーションのたまる調査でした。
 調査の為にまた一個ドメイン取得しちゃった。どーしましょ。

<追記>
 ココログドメインマッピングを使うと、新しく編集した記事中のココログ内へのリンクURLがオリジナルドメイン(hogehoge-nifty.com)ではなく、新ドメインのものになります。それはそれでいいのかもしれないけど、マッピング開始する前の記事との統一が取れなくなる。後からドメインを変えたり解除したりしてDNS設定が変わるとリンク切れを起こします。一旦設定したら変更は禁みたい。そもそも可搬性はありませんでした。同じドメイン(というかホスト)内のリンクなんだから相対パスで指定するわけにはいかないのかなぁ?

|

« VineLinux4.0 | トップページ | きょうのきょう »

コメント

こんにちは。
「ココログ ドメインマッピング ページが見つかりません」で検索してやって来ました。お詳しそうなので,参考までにドメインマッピングした私の状況をお知らせします。もしも理由がわかるようだったら教えていただけませんでしょうか。以下にニフティに問い合わせた内容をコピーいたします。(よろしければ,お読みになられた後このコメントは削除してくださって構いません。また,何の面識もない通りすがりの者ですので,コメントを削除の上,何のご連絡やお返事が戴けなくても,全く不快に思うこともありません。本当に困り果ててこのように不躾な行動をとっております。申し訳ございません)。

 Firefox2.0を使用しています。

 ドメインマッピングでwww.xedos.jpをxedos.air-nifty.comに向けて使用しているのですが,xedos.jpの方で閲覧するとかなりの頻度で「ページが見つかりません」の表示になります。

 きちんと表示されるときには表示されるのです。ところが1分ほど「Not Found ページがみつかりません」の表示になることが,断続的に1日何10回も発生します。

 これはココログの負荷と関わりがあるものではなさそうで,朝5時から8時と云った,一般的にトラフィックがもっとも少ないと考えられる時間帯でも発生します。

 電話サポートにご連絡しましたが,サポート側からきちんと表示されること (当たり前です。1日のうちの23時間は正常に表示されるのです)から,ブラウザのキャッシュの問題ではというあまりにもこちらをバカにした回答が返ってくるばかりで大変不快になりました。

 当然こちらはメモリ・キャッシュを使わない設定にしたり,HDDのキャッシュを消したり,シイラやオペラ,Safari,IEといったブラウザで試したり,当方のネットワークの問題も疑い,知人に試して貰ったりし,原因追及をした上でご連絡したわけです。

 ドメインを管理しているさくらインターネットの方でもCNAMEをはじめゾーン設定が問題ないことは確認済みです。

 Googleのウェブマスターツールで確認してみますと,Googlebotも65近いアドレスの内,6つをクロールできなかったようです。当然,過去も現在も有効なアドレスです。

 検索用インデックスの構築,ブログの情報の信頼性などに大きな影響があり,大変困っております。ご多忙かとは存じますが,原因究明の上,対応をご連絡いただければと存じます。宜しくお願い申し上げます。

投稿: xedos | 2006年11月30日 (木) 05時51分

 xedosさん初めまして。
 お困りのようですね。Webをよそのサーバに預けてしまうと人質を取られたようなもんだから...。nifのサポートはマメに回答してくれるのはいいけれど、定型文をペーストしたような内容が多くて身が入ってない印象です。

 さて、www.xedos.jpにアクセスしてみましたが、ちゃんと表示されます。『1日のうちの23時間は正常に表示される』にあたったのでしょう。xedosさんのブラウザで表示されるエラーが「サーバが見つかりませんでした」ではなく、ココログの「Not Foundページがみつかりません。」なら、DNSはちゃんと引けている事になりますね。

 nslookupやっても...

Name: xedos.air-nifty.com
Address: 202.248.237.134
Aliases: www.xedos.jp

 ...とちゃんと引けています。仮に、今はDNSが引けていても一時的に(1日に1時間)DNSが引けなくなっているとしたら、そのときはブラウザでは「サーバが見つかりませんでした」エラーになるでしょうし。

 となると、nifty側の問題。ココログ設定で「独自ドメインの使用」とデザインの「反映」ができているのか、という疑問(失礼!)もありますが、ぬかりなくおやりになっているようですね。
 少なくとも1回でも表示されているようなら設定操作の問題はないように思います。特定のページが常にエラーになるのではなく、正常に表示されたりエラーになったりする、んですよねぇ。やっかいですねぇ。キャッシュでもないとすればプロクシとかも悪さしそうですが、有効期間が過ぎれば解消する筈だし、一旦解消したのがまた戻るのも変だし。

 正直なところ今の段階では原因が分からないです。niftyのWebサーバで一時的にVirutualHostの設定が消えているのではないかという気がしますが、どうすればそんなことになるのかわからんです。niftyの運用の問題だと思いますが...。

 @homepageのcgiサーバは時間帯に関係なくここ数ヶ月重くて「サーバエラー」を頻発しています。一応ココログとは別のサーバのようですが、nifty自体サーバ運用に支障を来していて対処できていないのは間違いないようです。

 すみません、サポートと変わらない実質的に内容のないコメントになりました。時々思い出したら覗いてみてエラーになるか見てみますね。

投稿: ichi | 2006年11月30日 (木) 11時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« VineLinux4.0 | トップページ | きょうのきょう »