« きょうのきょう | トップページ | きょうのきょう »

2006年9月14日 (木)

関西本線・草津線

F1004006a  チャットでみんなの出張報告(?)を聞いて、最近旅してないな~と京都駅に足が向く。
 近鉄に乗ろうかJRに乗ろうか迷ったあげく、気がついたらた奈良線に乗ってました。旅程の候補としては、京都→木津→加茂→(柘植)→亀山→四日市→名古屋→京都の大ループと京都→木津→加茂→柘植→草津→京都の小ループ。迷いつつ列車に乗っていると、柘植の駅に列車が入る頃には暗くなってきて景色が見えない。大ループは丸一日コースだから家を出たのが15時過ぎと遅かったので無理かな、と柘植駅で小ループに決定。
F1004013b このループだと、草津で改札を出ても大都市近郊区間の特例で京都→草津往復の800円で済むらしい。でも、放浪の味方ICOCAで京都駅の改札を入って、途中でICOCAが使えなくなる事に気付いて亀山行きの切符を購入して、途中下車扱いにして…と真っ正直に払ったら2940円かかっちゃった。う~む。
F1003997a F1003999a  ま、JRもNTTもDoCoMoもNiftyも私が無駄な金を使って今のような大きな会社に育てたようなものだからよしとするか。一応、柘植→亀山の切符が手元に残ってますけど。有効期間は明日まで。ど~する?(^_^;)

 関西本線は加茂駅を出てからしばらくは木津川が右に左に渓谷となってまとわりついてきてなかなかの景観でした。予備知識なしで乗り込んだので何処でどっちに景観が現れるのかわけわかめでだいぶ見逃したようではありますが。

|

« きょうのきょう | トップページ | きょうのきょう »

コメント

 昨日は和歌山へ出張でした。私と一時間程度ずれて名阪国道と関西線のニアミス!?(というほどでもないなぁ)でしたね。
 昔、家族でちょくちょく京都や奈良へ行くことがありました。当時は急行平安、今年廃止になった急降かすがをよく利用したものです。草津線は電化されて京都圏になりましたよね。奈良~亀山はすっかりローカル線になってしまいました。本線なんだけど.... 写真の列車しか走らないので、マニアには天理臨時など走ると有名な撮影ポイント(加太越え)なんかは盛況になるそうです。急行かすがのラストランも本当は加太へ行きたかったんだけどなぁ。関西線は木津川沿いの景色の良い所を走ります。久しぶりに乗り鉄もしてみたいなぁ!
 ちなみに和歌山へは同僚と二人で、現地で更に二人追加で4対2の打ち合わせでした。やっぱり出張は往復だけでも一人ですよねぇ(^^;

投稿: 木村 | 2006年9月15日 (金) 21時02分

 時空的ニアミスですね。(^_^;)
 草津線、京都から柘植行きの直通列車なんて走ってるんですねぇ。すっかりベッドタウン化されちゃってるみたい。もっとローカルなのを期待していたんですが。それに比べて関西本線は距離的にも時間的にも京都から行くとマイナーなようで。その分乗っててたのしいです。もう一回乗りに行きたいかも。
 加太越え、なんだろうと検索しちゃいましたよ。(^_^;) もう一駅だったのねぇ。乗ってちゃわかんないか。結局、途中下車の先の切符は有効期限切れになっちゃいました。

投稿: ichi | 2006年9月15日 (金) 21時56分

 来月1日から15日の間JR西日本一日乗り放題切符が発売されて利用できます。一日でどれだけ乗れるか3000円でお試しあれ! (^^)

投稿: 木村 | 2006年9月29日 (金) 20時48分

 をぉ。↓これですか?! 素敵かも。(^o^)
 http://www.westjr.co.jp/news/newslist/article/060915a.html
 どっかいってみようかな。...とJR西日本のWebを見ていると、北陸おでかけパス(↓)というのもあるんですねぇ。
 http://www.westjr.co.jp/news/newslist/article/060929a.html
 なんか、誘われているようだ。(^_^;)

投稿: ichi | 2006年9月30日 (土) 00時31分

 その切符です。北陸のは10/21にダイヤ改正してから出かけたほうが良さそうです。北陸線敦賀までが直流となり新快速列車が敦賀まで延長運転するようになるからかなり便利になるはずです。まだ、ダイヤが公開されていませんが...(新しい時刻表には掲載されているかな?) よくSL北びわこ号を撮影に行く河毛駅に車をとめて金沢辺りまで鉄写真を撮りに行こうかと企んでしまいます。あちらにはまだまだ現役でがんばっているのが見れますから...

投稿: 木村 | 2006年10月 2日 (月) 06時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« きょうのきょう | トップページ | きょうのきょう »