« きょうのきょう | トップページ | きょうのきょう »

2006年4月10日 (月)

Windows ONLY mini

 ふと思った疑問。

 Appleが配り始めた「ブート・キャンプ」、MacOSとWindowsのdualブートマシンを作れるそうだけど、純粋なWindowsマシンにできないのだろうか?

 Windowsを使ってみたいMacユーザにとってdualブートマシンは魅力的なんでしょう。けど、Macのハードに魅力を感じているWindowsユーザが欲しいのは純粋なWindowsマシンだ。従ってdualブートになっていてもMacOSを起動することはない。となると、HDD上で少なからぬ容量の領域を占めているMacOSのパーティションは邪魔になる。貴重なHDD資源を無駄にしないために、MacOSのパーティションはフォーマットしてデータ領域として使うか、SystemSelectorみたいなパーティション操作ソフトで(動かないような気もするけど)Windowsパーティションに吸収してしまいたいと思うのは当然のことだ。

 果たしてそこまでAppleが腹を据えて公開に及んだのか見物ではある。
 ハードベンダとしてWindowsユーザに対するハードの売り込みを狙っただけなのか、無理矢理にでもWindowsユーザにMacOSを使う可能性を与えてあわよくばMacOSのユーザにしようとしているのか。一部に期待している人がいるWindowsPC(DOS/V PC)上で動くMacOSが発売される可能性があるのかも見えてくるのかも。

|

« きょうのきょう | トップページ | きょうのきょう »

コメント

なるほど、そういう見方もあるんですね。
ちなみに、私はといえば…
Mac(OS)を使いたい、Windowsユーザ
 仕事の絡みでMSDOSから自然にWindowsに移行するしか
選択肢が無かったユーザなので、もう1つの世界には
興味もあるし、OSXにはBSDとしての魅力もあるわけで
ぜひとも使ってみたいんです。
 ただ、手持ちのツール類を含めた資産は全てWindows
専用だったりするので、いきなりMacを買っても、多分
実用にできないまましばらく稼働率の低い状態が続く
道楽的買い物になってしまうのが目に見えていて…
そんな私には、ハードがMacだろうがPCだろうが
Dualブート可能な機材は魅力的に見えてきます。
 そんな人がMacに使い慣れて、仕事ではWindowsを
使わざるを得ないにせよ、生活ではMacと使い分ける
ようになれば、純粋Macも売れると思うし、新しい
マーケットが開けるという見方もあるのではないかと…
 居間に置くのはやっぱりMacの方がオシャレかな…
でも、実用にならないんだよなぁ~と思ってるのは
私だけでは無いんではないかと…?(笑)
 逆に、Macのハードには、そんなに魅力を感じて
ないんです。Windows環境でも大量の計算をするものは
使ってないし、Pen3の1G未満でも充分に仕事してます…
 果たして強力なCPU能力を誇示するMacの宣伝って
どれ程の数のユーザに受け入れられているんだろうか
むしろ疑問だったりします。(私の方が少数派?)

 そんなわけでMac mini に心が揺れている私 (^^;

投稿: ふみ☆ | 2006年4月10日 (月) 11時15分

 う~む。Appleの戦略はどうなんだろうか、とか考えかけたけど、頭痛くなって止めました。やっぱあたしゃ経営者には向かんわ。f^_^;

 その断片にとりとめもなく思ったこと...。

 Macのハードって必ずMacOSと抱き合わせになってるから、後で削除されようがどうしようがOS1ライセンスは売り上げが立つんですね。MacOS on WindowsPC(DOS/V PC)がない現状ではMacのハードの数以上MacOSが売れるわけがないし。そういう意味ではAppleとしてはどう使われようととりあえず1台でも売れればいいだけなんでしょうね。OSバンドルなし、ブート・キャンプ+ドライバCDのみ添付なんてマシンも付加価値下がるだけだから出てこないのかな。
 
 ハード性能が魅力的だったのはGnマシンだった時の話で、IntelInsideになった今は背比べをするドングリの一個に加わっただけでしょう。そうなると奇抜な(?)デザインで目を引くくらいしか売りはない。
 私もMac miniの奇抜な(ちっこい)デザインに目を奪われた一人ですが。(^^ゞ

 何らかの形でMacOSに触れた人の中には愛好者になって乗り換えようと思ってくれる人が出て来るであろう事は確かですね。今のMacユーザが期待しているほど多いかどうかは私には疑問ですけど。(逆にWindowsに流れるMacユーザも出てくるでしょうけどねぇ。)
 何とかうまくMacOS愛好者を増やせたとしてそこへMacOS on WindowsPC(DOS/V PC)を売り出して、WindowsPCのでかいパイの上でWindows対MacOSの戦争を仕掛けるか、MacOSを使いたければMacのハードを買えという従来の囲い込みを続けるか。
 本当の見物はそっちなのかな。

 あとdualブートマシンって、メインマシンにはしにくいですよね。少なくともメインマシンにしてしまうとどっちか一方だけが立ち上がってるような使い方になる。だからWindowsユーザに売れてMacOS愛好者の増加に貢献できるとしたら1台目とかメインマシンのリプレースではなく、2台目3台目のマシンとして買うユーザに限られるわけで、これってWindowsPCの市場全体に比べれば案外少数かも。でもMacの市場に比べればちっこくはないのかな。

投稿: ichi | 2006年4月10日 (月) 17時31分

長文コメントで恐縮してたんですが
しっかりレスをいただけて嬉しいです。

 ichiさんが最後の段落で仰っている事が結構「キー」なんじゃないかと思ってます。
 実際、メインマシンをリプレースさせる事は不可能に近いんじゃないかと思う一方、プライベートでweb閲覧とかmail中心の使い方なら、お試し的デュアルブートマシンも受け入れてもらいやすいという気はします。そしてそういう需要は、それなりに大きいんではないかなぁと思ってます。
 いまどき(特に昨今の個人情報…とかいう時代)仕事とプライベートでパソコンを使い分けたりで個人用、家庭用って感じで複数のパソコン所有は、増えていくだろうと思うんですよね。そして、そこに食い込んでいければそれなりのシェアはあるんじゃないかと…
 さらにそんな使い方の中で、もしかしたらMacとウマが合うユーザがいて、メインのリプレースもしてくれる人がいないとも限らない…なんて事ぐらいは考えてるかもしれない…?

 もしOSレスMacが売り出されたとして、(価格にもよりましょうが…)純粋にWindowsマシンとして使いたくて新規にMacを買う人ってそんなに居ないんじゃないかしら?
 BootCampを使う事に魅力を感じているのは、私みたいにMacな環境に興味をもっているWindowsのユーザが中心だと思うんですよね…もしそうなら、当然五体満足なMacOSは必需品でもありますし、他に何も買う必要のない程度の生活ツールがバンドルされていたら、むしろ魅力的。
 もちろん、Macな人々の中のWindowsを使ってみたいという人の流出を防ぐ効果も、あるかもしれませんが…
 ともあれハードだけを売ろうとかOSだけを売ろうとかいう話でなく純粋にハード+OSの形のMacを広く売り出していこうという戦略を考えているように思います。

 まぁ、いずれハードとOSが売られたとしても、私個人の感覚から言うと、MacはMacらしさをもっているからこそ魅力的なんだと思う気持ちもあるので、MacでWindowsが動いてたり、(DOS/V?)PC で、Macが動いてたりするのって、ちょっと気持ち悪いかも(笑)

投稿: ふみ☆ | 2006年4月10日 (月) 23時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« きょうのきょう | トップページ | きょうのきょう »