« 釧路 | トップページ | 摩周湖 »

2005年10月 4日 (火)

釧路湿原

 昨日行くはずだった釧路湿原。元気が戻ってきて、地面も揺れなくなったのでお出かけすることにしました。
 昨日の天気予報では、今日の方が好天だったのに蓋を開けてみると曇ってる。昨日はほぼ快晴だったんだよ。ま、こんなもんか。

PICT5120aPICT5115a  湿原観光用にノロッコ号という特別列車が走ってます。秋は「紅葉ノロッコ号」と言う名前ででています。要は、窓の大きな車体を使って眺めが良く、景色のいいところは徐行するのんびり運行するのがウリらしいです。直前に指定席予約しても湿原側の窓際席が取れちゃいました。まだ紅葉には早いし、端境期なのかな。いざ乗車してみても、ほぼ満席で自由席車両も立ち見は殆ど無かったようです。
 
PICT5122aPICT5121a 車内は広々した感じで、座席も北欧風(?)白木のベンチで明るい。湿原と反対側の座席はロングシートになっているので全員が湿原風景を無理なく見られる、というコンセプトのようです。車内には鶴や鹿、キタキツネなどの動物がいて、熊や兎(?)の足跡が床に残されています。もう、ワイルド感満点。ただし、全部張りぼてですよ。気分を盛り上げて乗らないとね...。
 トワイライトエクスプレス同様、車内で記念品を売っていたり、観光案内放送もあります。
 でも、この列車は普通列車なので地元の人も日常生活用に利用する筈なんだけど、うるさくないのかな? 地元の人は鉄道は使わないのかな。(^_^;)
 
PICT5136a  列車は釧路湿原を抜けた先、川湯温泉まで行くのですが、私は途中下車して湿原を歩くことにしました。列車を降りて駅をでた途端に、耳元で「プ〜ン」って。蚊ですな。手や顔に寄ってくる。じっとしてると刺されちゃう。止まらずひたすら歩けと言うことか。夏のシベリアで蚊がすごいと聞いたことあるけど、ここもそうなのね。ま、真っ黒になってたかってくると言うことはなかったですけど。湿原はボウフラだらけ?
 楽しみにしていた湿原の中の木道は工事中で歩けませんでした。(T_T) 今年度開通とガイドブックには書いてあったんですが、どうやら一部だけ開通で鉄道駅側の開通は来年度らしい。う〜む。

PICT5137a しゃぁないので、その次に楽しみにしていた展望台へ転進。落胆してぼーっとしてたら蚊に喰われちゃいますから〜。

 道すがら見た限りでは、紅葉にはまだ早いようで、所々色づいている木があると言った程度です。一本一本は綺麗だったりするのですが、全山真っ赤とか真っ黄とかはない。札幌から釧路に来る途中の日高山脈あたりは黄葉がもっと進んでたのになぁ。去年、10月末に奥入瀬行った時は、紅葉がほぼ終わっていたし、難しいですね。
 
PICT5168a  一駅分歩いて戻って展望台へ。
 切符を買う時にみどりの窓口の駅員に話したら「えっ、歩くんですかっ!」とおったまげて白子海苔状態だったんだけど、30分ほどで着いちゃったよん。湿原だけに大した起伏もなかったし。ま、展望台自体は高台にあるので最後はちょっと登りましたけどね。

PICT5158z2a いや〜、絶景かな。ちゃんと釧路川が蛇行してその回りに森林が出来てるのがわかります。遠くは阿寒の山々(たぶん)も見えるし。地平線を見るのは牛久から越して以来かな、お久しぶり。(^_^;) 
 展望台のパノラマ写真を作ってみました。つなぎ目ばっちり分かりますけどね。

PICT5223aPICT5199aPICT5194a  天気はいつの間にか回復して、雲も半分くらいは消えて無くなってました。青空が綺麗。薄雲を通して照る日射しは柔らかで心地よい。でも、哀しいかな風が冷たい。合計すると寒かったです。半袖シャツに薄手のジャンバー着てたんですけどねぇ。展望台で日向ぼっこしながら帰りの列車を待とうかと思ってたんだけど、寒いし、木道通行止めで行程が減った分時間余分にあるし、なので再度列車に乗って帰りのノロッコ号を迎えに出かけました。
 いやはや。でも、予定以上に列車に乗れてラッキーかも。ノロッコ号でなくても景色は同じく綺麗なんだし。

 なんか、川や湖の景色がとても印象に残ってます。湿原自体は遠目には笹林西か見えないので。木道を歩けなかった怨念でしょうか。(^^ゞ 列車は湿原に外接するように走っているので、本格的に湿原を歩きたかったら、車で行くか、駅から自転車で奥地まで出かけないといけないようです。
 
PICT5113a  行きと帰りに、和商市場に寄って、お買い物と晩飯を済ませておきました。
 だって、駅から一番近い飯屋と商店なんだもん。
 画像は子持ち昆布。寿司屋で薄くスライスされたものしか見たこと無かったので、おったまげてしまいました。どうやって作るのか謎だったのですが、店の人に聞いて謎が解けた! 産卵済みの卵なんですって。知ってました? 数の子って腹から取り出した野蛮なものしか想像できなかったです。蛙の卵みたいなもんか...。うへっ。
 好物なので、買って来ちゃいました。こいからいただきま〜す。

|

« 釧路 | トップページ | 摩周湖 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 釧路湿原:

» ●釧路湿原紅葉ノロッコ号(釧路駅〜川湯駅) [あっつのやっぱり道東でしょ!!]
昨日の恥ずかしい話はさておいて、 このあいだ、 くしろ湿原紅葉ノロッコ号を見かけました。 見た場所は、釧路町の岩保木水門あたりからです。 (岩保木水門の解説は次ぎのエントリーで) 左手に紅葉まじりの釧路湿原を見ながら川湯温泉まで向かいます。 おーよく見るとけっこう乗ってるなぁ。 ちなみに、この紅葉ノロッコ号は、 JR釧路駅を11:08に出発し、 川湯温泉駅13:18に着きます。 帰... [続きを読む]

受信: 2005年10月 9日 (日) 11時22分

» ●もう一つの細岡展望台!?(みんな知っているよね) [あっつのやっぱり道東でしょ!!]
引っ張ろうと思ったけどすぐに出しちゃいます。 たぶんほとんどの人が知っているかと思います・・・ 要するに、細岡の展望台は2ヶ所あって、たまに駐車場寄りの1ヶ所だけ見て帰る人がいるらしく、もったいないからここで紹介したい訳でして、何がなんやら分かんないけど長文になっちゃったので読むの飛ばしてけっこうです。 (ん!?要するにじゃないじゃん) まぁ見てください。こんな感じの展望台でし... [続きを読む]

受信: 2005年10月10日 (月) 22時48分

« 釧路 | トップページ | 摩周湖 »