« ひだ号、みえ号 | トップページ | おはらい町 »

2005年10月17日 (月)

伊勢神宮

 今日はお伊勢参り
 小学校の修学旅行以来だから33年ぶりかな。あまりよく覚えていないんだけど、どっかの橋の手前で写真を撮って撮影禁止だぞと同級生だったか、先生だったかに驚かされた事を覚えてる。外宮と内宮、立て続けにお参りしたような気がするんだけど、距離はだいぶ離れてますねぇ。元々はつながっていたのかな。あとから住宅が浸食してきたとか?
 バスで行き来するのがよいそうで、案内所で聞いてフリー切符買いました。
 
PICT6196aPICT6191a  まずは、外宮。標識の英語は「Gegu(OuterShrine)」だって。
 天照大神の食事係、豊受大神をまつった、豊受大神宮だそうです。
 JR伊勢市駅から商店街を行くと、数分でアプローチ(?)が見えてくる。橋を渡り、鳥居をくぐって両脇に杉(?)の林が鬱蒼と茂る参道を行くとすぐに神楽殿&売店、いやお札授与所が現れる。と、そのすぐ先にGegu。正確には正宮。お参りするのはその中に設けられた参拝所(?)ですけど。正宮は板塀で囲われていて、門代わりの鳥居の前数mの所についたてがある。中を真正面から見えなくしてるのね。風呂屋みたいだ? え〜っと、二拝二拍手一拝でいいんだっけ?

PICT6218a 参道の木には苔が生え、羊歯まで茂ってて建物以上に古さを感じる。神殿より木々の方が神聖なのかも。
 こちらは時々グループが訪れてにぎやかになるものの、ばらばら人が来るくらいで割と静かでした。行ったのが10時頃だったからかな?
 授与所では「洋間にも合うやしろ」と看板を出して簡易な神棚を販売(いや、授与)してました。合うのか?
 
PICT6272aPICT6265a  次はバスに乗って内宮へ。
 こちらは天照大神をおまつりしてます。皇大神宮。
 御正宮が長い石段の上にあり、石段から上が撮影禁止。ぢゃ、橋の手前で撮影を咎められた33年前の私ってなに?
 でも、撮影禁止の札の前でTVカメラが撮影してたんですけどね。報道の自由って奴かい?
 外宮も内宮も、屋根に苔生してました。見てたのは参拝所(?)だけなんでしょうけど。式年遷宮で20年ごとに御正宮ほか一式を造り直すんだけど、そんな短期間で次々造営していたら土地がいくらあっても足りないだろう、と思っていたら。遷宮先は隣接地で、交代で使っているそうな。な〜んだ。

PICT6253aPICT6248aPICT6245a  今日は丁度神嘗祭をやってまして、天皇の勅使やら貢ぎ物、神職が行進しておられました。先触れの太鼓に続いて、菊の御紋入りの籠、続いて勅使、神職。
 行進の出発点付近で知らずに写真を撮っていたら、「ここは立ち止まれないんです。」と追い立てられ、強面で人を捌く黒コートの警備員。こわいな〜、と 思っていたら、「太鼓の音がしてるからもうすぐ来ますよ。もう今にも出るところです。」とか「急ぐ人は先に行った方がいいですよ。始まったら追い越せない から。」とか妙に親切だったりする。
PICT6259a 正宮でも、あちこちに立って目を光らせてたけど、話してみると、いろいろ解説してくれる。ガイドさんみたい。皇宮警察かと思って聞いてみると、神宮独自の職員だって。神宮司庁だと言うので、「国の組織ですか?」と問うと、「戦後は分離しないといけないので独立しました。」って。そうだよね。でも、伊勢神宮だけは直系だし(怪しいらしいけど)天領かな〜って。ちょくちょくお参りに来てるみたいだし。難しいのね>政教分離。
 外宮と違って参拝客は多かった。行列でせき止められたせいかもしらないけど、一時は参拝客が一時は参道いっぱいになってました。その後は、すいてきたけどひっきりなしに人が来る状態が続いてたな。
 あ〜。何故かお坊さんも見物しておられました。 
 
F1001940aPICT6298aF1001938a  参拝の後は門前町のおはらい町で腹ごしらえ。
 まずは名物だという、伊勢うどん手こね寿司のセット。伊勢うどんって、ざるうどんの温かいのに付け汁をかけちゃった、みたいなの。油そばのうどん版? 麺に腰が無くていまいちだったなぁ。手こね寿司はまぁいけたけどちょっと酢が効き過ぎか。合計していまふたつ。入った店が悪かった?
 デザートは赤福。箱で買って帰っても困るので、店先で食べることに。いつ食べても変わらない味。だけど、思ったより甘かったな。血中あんこ濃度急上昇。塩分で中和せねば。すぐ横でサザエの壺焼きとか売ってるのは戦略なんだろうか?
 おはらい町だのおかげ横町だの観光客向けのお店がたんと集まっていたので、うろうろきょろきょろしてました。おはらい町でも神嘗祭の御神輿とか獅子舞(?)が出てたんだけど、天気がしとしと雨でやや残念。ちと盛り上がりに欠けたのはやや残念。
 帰りのバスに『東海地震に対する「警戒宣言」が発令された場合には、バスの運行は、全線その場で運行中止いたしますので、ご了承下さい。』と書いてあったのは驚き。そうなんだ〜。

|

« ひだ号、みえ号 | トップページ | おはらい町 »

コメント

 伊勢うどんは多分どこで食べても大してかわらないと思います。あ~いうものです。てこね寿司は「すし久」が有名!? 「海老丸」の漁師汁もお勧めです。さらに、夏場だと赤福氷が食べられます。
 京都~伊勢間は近鉄特急で2時間くらいかな? この時期、修学旅行臨時列車が走ることがあるようです(平日のみ)。

投稿: 木村 | 2005年10月18日 (火) 07時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ひだ号、みえ号 | トップページ | おはらい町 »