« 道後温泉本館 | トップページ | 鳴門 »

2005年10月29日 (土)

しまなみ海道、瀬戸大橋

PICT7147a 松山に寄ったのは道後温泉本館が最大のお目当てでしたが、もう一つの楽しみにしてたのがしまなみ海道。車じゃないと通れない。普通なら諦めるんだけど、今回の旅は長崎までの一筆書きが終わって鉄道のくびきが解けたので、高速バスで渡ろうとしたわけ。
 松山市駅から高速バスに乗って一路今治へ…、向かうはずがずっと下の道を走ってました。節約かなぁ? でもおかげで海岸線とか漁港のそばを走ったので海を間近に見ることが出来ました。水が澄んでいて綺麗ですね。
PICT7147b 待ちかねたしまなみ海道は、名前の通り大半が島でした。あん。長い橋は最初の2つか3つくらいで、あとは島と島を結ぶ短い橋があるだけ。半分以上は島の中をぐるぐる走り回ってました。高速バスとはいえ、路線バスでもあるらしく、島に上陸するたびに一般道へ下りて停留所を廻っていたのでそのせいなのかな。
 なんかあんまり海を渡ったという気がしなかったです。途中の橋には自転車や原付用の脇道がある所もあったので、そこをのんびり渡った方が気持ちよさそう。
 とにかくでかい島の多いこと。ホントはこのルートだけで良かったんじゃないの? 鉄道は通しにくかったかも知れないですけど。
 
 しまなみ海道のバスは福山に着くのでそこから山陽本線を上って岡山へ。京都はもう一息なんですけどね。あと30分ほど普通列車に揺られると京都行き特急に乗れるんですが、乗りません。もうちょっと蛇行します。
  
PICT7206aPICT7194aPICT7200a  なので、岡山で右折して瀬戸大橋線へ。ここはもう何度も来ました。今更、の感もありますがね。以前は先頭車両に乗って遠近法の世界を堪能したんですが、今回は後部車両でおとなしくしてました。

 快速マリンライナー号の車両が更新されてるんですね。なんか丸顔というか表情がきつくなってる。この5年間の間につらいことでもあったんでしょうか?世間にもまれたのかな? おまけに先頭車両の中央部分は二階建てになってるし。「香川=岡山 桃太郎ネットワーク」だそうです。
 
PICT7212a  高松から渦潮号に乗り継いで徳島着。その高松駅は1番線と3番線が同じホームにあります。ありがちな構成ですな。いや、そんだけですけど...。駅構内で喰ったぶっかけうどんは腰が最強でした。いい麺だ。でも、ぶっかけの味は、JR松山駅前の食堂で喰ったのが最高でしたよ。
 

|

« 道後温泉本館 | トップページ | 鳴門 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 道後温泉本館 | トップページ | 鳴門 »