« 琵琶湖一周 | トップページ | きょうのきょう »

2005年6月24日 (金)

Win350

PICT3534aPICT3558b 新幹線で東京から大阪に向かうと米原駅を過ぎたあたりで左側に流線型の先頭車両が三台顔を見せます。最初はヤンマーの敷地に置いてあるのかと思っていたのですが、実はJR総研に飾ってあるのでした。一度いってみたいと思っていたものの、なかなか途中下車できない。というか、乗るのはのぞみかひかりばかりなので、米原には止まらないのよね。
 琵琶湖一周の途中でふと、気付いて途中下車してみました。工事中の駅の東口を出て右へ。専用の取り付け道路をとぼとぼ十分余り歩いてようやく辿り着きました。中には入れなかったですが金網越しにご対面。一般公開日も年一回あるそうなので、今度はそのときに出直そうっと。
PICT3548aPICT3547a Win350。日本の最高速列車500系新幹線の母胎とも言える試作車両。350km/hの営業運転を目指して開発され、走行性能は十分だったものの、騒音を基準値以下に押さえられなかったが為に営業運転時には300km/hに押さえられてしまった哀しい奴。 JR西日本製。
PICT3551aPICT3556a 300XSTAR21。JR東海とJR東日本の試作車両。
 彼等は すぐ横を走る東海道新幹線をどんな気持ちで毎日眺めているんでしょうか。

 ここだっ!
 
PICT3563a 横を走る近江鉄道本線。何故かライオンズ。黄色に銀ドアの車両も走ってました。

|

« 琵琶湖一周 | トップページ | きょうのきょう »

コメント

 この新幹線車輌の公開は毎年10月の鉄道の日前後の週末です。米原鉄道フェスティバルというのを3年前まではやっていてそのときにも公開していましたが、いまはひっそりと公開しています。運転席にも入れます。意外と視界が狭いなぁという感じです。公開日はHPで確認できたと思います。
 近江鉄道は、西部系列です。とういうのは堤氏は近江商人です。

投稿: 木村 | 2005年6月24日 (金) 06時41分

 10月でしたか。今年のには間に合いますね。内心、もう終わっていたらどうしようかと。、心配していました。運転席は入ってみたいなぁ。実用化にすごく期待していただけにWin350には思い入れがあるもので。
 そういえば、あの新幹線がヤンマーではなくJR総研に置いてあることも、年一回公開されることも木村さんに教えていただいたのでした。(^^ゞ

投稿: ichi | 2005年6月24日 (金) 13時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Win350:

« 琵琶湖一周 | トップページ | きょうのきょう »