« きょうのきょう | トップページ | 薬師寺 »

2005年5月11日 (水)

唐招提寺

PICT2646aPICT2643a 奈良の郊外にある唐招提寺。バスで十分くらいだったかな。

 金堂は解体修理中。やや残念ですが、解体中のお堂を見ることができるのもレアですよね。

PICT2650aPICT2649aPICT2648a 部材一つ一つに識別子がつけられているんですね。これを忘れると立体ジグソーパズルになるわけだ。

 直接書き込まれている部材と、何かを貼り付けてある部材があるようだけど、どう違うのかな?
 
PICT2664aPICT2652aPICT2653a 左が講堂、右が修理中の金堂の囲い。奥に見えるのが舎利殿と礼堂東室。
 やっぱり講堂の内部は撮影禁止です。
 校倉造りは経堂。正倉院より古く、日本最古だそうです。
 鑑真和上像が境内の一番奥の御影堂に納められているのですが、その内部にはトロピカルな海の襖絵が描かれた部屋があるそうです。見てみたい。

PICT2661aPICT2666a 新緑が綺麗。
 戒壇前の池には杜若が咲いていました。黄色い花もあったですが、それも杜若なのかな?

 ここだっ!

 唐招提寺とは?

|

« きょうのきょう | トップページ | 薬師寺 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 唐招提寺:

» いにしえに迷う (西の京) [いにしえに迷う]
その日は、朝まだき、萩の寺をたち、悲運の大津皇子 眠る、また数多くの歌や伝説に詠まれてきた二上山に赴いた。 それから、山の中腹にある、中将姫伝説の当麻曼荼羅で名高い当麻寺の諸仏を仰ぎ、帰りしな西の京 に立ち寄った。 千古の松林の中に盲目の鑑真和上とともに... [続きを読む]

受信: 2005年11月16日 (水) 14時52分

« きょうのきょう | トップページ | 薬師寺 »