2018年10月22日 (月)

時代祭2018

 去年は颱風の影響で中止されたので二年ぶりの時代祭。朝から快晴で秋晴れ。午後になって薄い雲が広がったものの日が陰る事もなく好天。

時代祭2018
 今年も烏丸御池上ル付近で見物。

時代祭2018
 三大祭の中でも、大掛かりな仕掛けに圧倒される祇園祭、ゆっくり時間が流れるような雅な葵祭に対して時代祭は近代から古代男女取り混ぜて登場するので歴代の大河ドラマを続けて視てるような目まぐるしさが特徴。

時代祭2018
 キーコキーコいいながらのんびり進む牛車を見るのが楽しみ。…と思っていたら何故か今年の牛車はハイスピードで通過。本気出すと走れるのね。

時代祭2018
 白川女の姿が凛々しい。大原女が薪、白川女が花。

| | コメント (0)

2018年10月21日 (日)

きょうのきょう(十三夜)

 朝晩めっきり涼しく、と言うより寒くなってすっかり秋。

きょうのきょう(十三夜)
 今日は十三夜だそうで、月見団子。栗名月だから栗餅。…と思ったのだが、和菓子屋に寄れなかったのでモンブラン。洋風でごめんよ。月だけでは寂しいので火星と共に。見えるかな?

| | コメント (0)

2018年9月24日 (月)

きょうのきょう(中秋の名月)

  中秋の名月だそうで。今年は秋分の翌日に十五夜。満月は明日らしいけど。朝晩はめっきり涼しくなって残暑も鳴りを潜めた感じ。このまま秋まっしぐらか?

きょうのきょう(中秋の名月)
 折角の名月なんだが、曇り空。時折雲の薄くなったところから朧な月が顔を出す。月の前を雲がトランジット。京都の月見団子と同じ風情やねん。

| | コメント (0)

2018年9月19日 (水)

きょうのきょう(来年のカレンダーゲット!)

 五山の送り火で京都の夏が終わる。という言葉通り、送り火の翌日は涼しく成って秋の気配が感じられたものの、案の定残暑が厳しくてどうなる事かと思った8月。9月に入って颱風で文字通り街中引っ掻き回された後は朝晩だけは涼しくなった。

きょうのきょう(来年のカレンダーゲット!)
 今年も売り切れないうちに来年のカレンダーを調達。何年か前は11月に入ってから買おうとしたら軒並み売り切れていたのに懲りてここ何年かは早期手配。流石にまだ全種類出揃ってなくて達成率は2/3程度かな。残りも忘れないうちに買わないとな。

| | コメント (0)

2018年9月 7日 (金)

気象年鑑2018年版

気象年鑑2018年版
 今年も7月上旬に発行されていたらしい。毎年発行日がまちまちなので忘れそうになる。今年も店頭に無くてお取り寄せでゲット。

| | コメント (0)

2018年9月 5日 (水)

颱風21号(T1821)

 近畿を直撃した颱風21号、各地に被害をもたらしたようで。今年は颱風の当たり年なのかいくつもやってきた中では最強&昼間の襲撃ではらはらさせてくれた。

 京都の被害は神社仏閣を中心に報道されているので概ね既報かと。お買い物の道すがら見掛けた被害状況。

颱風21号(T1821)
 スーパーの近所にあっていつも一休みさせてもらってる六角堂。本堂前の大柳、縁結びの柳が倒壊したようで、引き起こし中。

颱風21号(T1821)
 樹が倒れただけじゃなく、その前に建ててあった寺の由来を書いた説明板の社を道連れにしたようで無惨な姿に。

颱風21号(T1821)
 昼頃見た時はつっかえ棒とロープで支えている状態。応急措置かな?

颱風21号(T1821)
 スーパーに行く途中の烏丸通の街路樹も完全倒壊。

颱風21号(T1821)
 根こそぎですね。

颱風21号(T1821)
 他にも烏丸通の街路樹はあちこちで傾いて「危険!」の貼り紙。中には既に切り落とされた樹も。ああ無情。

| | コメント (2)

2018年8月17日 (金)

きょうのきょう(秋来ぬと…)

 五山送り火の翌日は先日までと打って変わって涼しい朝。送り火を機に空気がすっかり入れ替わったようだ。昼間も気温は30℃に届かず猛暑日どころか真夏日すら脱却。外に出て「涼しい」と感じたのは今季初かも。
 祇園祭の山鉾建てに梅雨が明けて宵山の頃から猛暑が始まり祇園祭のクライマックス渡共にやって来た夏が送り火と共に去って行った感じ。京都の夏は五山送り火で終わると言われる通りの展開。
 ま、夏の名残が残暑として戻って来るんでしょうけど。

きょうのきょう(秋来ぬと…)
 近所の公園の上空には蝉の鳴き声に代わってトンボが乱舞してました。

| | コメント (0)

«五山送り火(2018)