2017年8月16日 (水)

五山送り火2017

 五山送り火。

 猛暑日からは解放されたもののまだまだ蒸し暑い。それでも季節は進んで五山送り火。先祖を送ると共に京都の真夏に終わりを告げる送り火。

 遠景な送り火は見尽くした感があるので、至近距離からシリーズに移行中。妙、鳥居形、左大文字は近くで見て来たので今年は船形。
 京都ゴルフ倶楽部舟山コースでコースの一部を無料解放してくれると聞いて遠征。船形が灯される舟山(ややこしい)のすぐ下に倶楽部ハウスがあってその前のコースが立ち入りok!ふかふかの芝生を踏み締めながら幸せな気分で待機。吹く風は涼しく、空の星も多い。蚊が多いのだけが難点か?
 ゴルフ場のすぐ横に点火作業場の入口があり、途中の道では消防車が満水にして警戒している。点火前には「西!ビニール取れぇ!」「おー!」とか「東!声出せぇ!」「おー!」みたいな掛け声も聞こえる距離。

五山送り火2017
 点火後数分で全開状態。手前の木立に隠れて船底が見えないのかやや残念だが、紛れもない船形。上空に北斗七星が輝いてるんだけど、写ってないか…。

五山送り火2017
 炎立つ。メラメラ燃える炎の形が分かるのも至近距離で見る楽しみの一つよね。

五山送り火2017
 船形の点火に先立つ事10分、大文字もはっきり見える。遠いながら、結構大きくて角度もいい感じ。

| | コメント (0)

2017年8月 9日 (水)

夏の甲子園(2017)

 ほんとの颱風一過は今日なのかもしれない。朝から晴れて京都は35.7℃の猛暑日。甲子園はデータが無いんだが、神戸は31.8℃。ずいぶん違うんだな。気象観測露場と野球場では野球場の方がかなり暑そうだけど、甲子園から京都に帰ってきて京都の蒸し暑さにびっくりしたから京都の蒸し暑さは格別なのかも。

夏の甲子園(2017)
 里帰り代わりの甲子園詣で。甲子園球場とはたぶん半世紀近い付き合いかも。蔦が順調に育ってきましたね。

夏の甲子園(2017)
 青空、がちょっと霞んでるけど野球日和。つか、晴れ過ぎ。

夏の甲子園(2017)
 外野フェンス越しに見たグランド。高さ2m弱のフェンスから見てこんな感じ。外野手はもうちょっとまえにいるけど、気分は外惑星だなぁ。内野で何やってんのかわかんなくない?

夏の甲子園(2017)
 TVの中継映像やニュースの画像はここから送ってますよ。

夏の甲子園(2017)
 かちわりとカレーは夏の甲子園の三種の神器のうちの2つです。

夏の甲子園(2017)
 かちわりを売る売り子さんのユニフォームがかちわり。パッケージと色違いなのね。と言うかパッケージは赤と青の二色あるからね。撮影させてくれた売り子さんありがとう。

夏の甲子園(2017)
 甲子園駅前で配っていたうちわ。タッチ?懐かし。今の球児達は知ってるんだろうか?

| | コメント (0)

2017年8月 8日 (火)

六道まいり(六道珍皇寺、西福寺、六波羅蜜寺)

 颱風一過なのにまさかの大雨警報再発令とどこまでものろまでもたつく颱風5号が過ぎて夕方になってようやく晴れてきた。

六道まいり(六道珍皇寺、西福寺、六波羅蜜寺)
 颱風直撃で出鼻を挫かれた感じだけど、六道まいり。

六道まいり(六道珍皇寺、西福寺、六波羅蜜寺)
 六道まいりは六道珍皇寺が有名だけど、六道の辻周辺の西福寺、六波羅蜜寺でもやってます。お盆に帰ってきてくれるよう迎鐘を撞いてご先祖様を呼び出す。お盆が終わってご先祖様を冥界に送り返す道標が五山の送り火ね。

六道まいり(六道珍皇寺、西福寺、六波羅蜜寺)
 六道珍皇寺にはNHKの撮影隊がわんさか。ニュースなのか特番なのか?

六道まいり(六道珍皇寺、西福寺、六波羅蜜寺)
 六道の辻は松原通。そこから二本下がった五条通では陶器まつり。元は六道まいりの参拝客を目当てに始めた陶器市だと言う事だけど、こっちの方が盛況かも。

| | コメント (0)

2017年8月 2日 (水)

きょうのきょう(スマホ撮影枚数一万枚突破)

 スマホのカメラの撮影枚数が一万枚を突破。今日じゃなくて7月31日だけど。機種変したのが1月10日だから6ヵ月と20日、202日間で10086枚。1日当たり約50枚撮影してた勘定になる。

 新しいスマホのカメラ、写りはそれなり。明るい所ではびっくりするくらいシャープな写真が撮れる事もあるけど、全体にピントが甘いのか露出時間が長めでぶれちゃうのかふんわりした画像になり勝ち。シャッター音がしてから実際に撮像されるまでのタイムラグがあって、あらぬものを撮影してる事も。撮影してるとすぐに発熱してタイムラグが大きくなったり、撮影中にハングアップしたり、画像の保存に失敗したり。暑い日には成功率が8割切る事も。暖かい季節は保冷剤で冷却しながら撮影しないといけないのは以前のスマホと同じ。
 以前より改善されたのはバッテリの保ち。撮影しまくると丸1日は無理でも半日位は平気。バッテリ容量は以前のより減ってるんだけどね。

 ま、ライフログ、備忘録用にはまぁまぁかなぁ。

きょうのきょう(スマホ撮影枚数一万枚突破)
 10056枚目の画像。祇園祭の疫神社夏越祭の帰り道、京都駅前に寄った時の画像。この日も暑かった。

| | コメント (0)

2017年7月31日 (月)

きょうの祇園祭(疫神社夏越祭)

 いよいよ今日で祇園祭も終わり。最後の締めは八坂神社の摂社、疫神社の夏越祭。

 朝方はどんより曇って良い感じだったのに夏越祭が始まる10時前になると陽が射すようになって万事休す。結局、36.1℃まで上がって今季最高気温。まさに京都の夏は真っ盛り。

 八坂神社へ向かうバスから見てると四条烏丸の長刀鉾の鳥居は早々に解体開始してました。

きょうの祇園祭(疫神社夏越祭)
 10時からは祇園祭の関係者が1ヶ月にわたる祭の無事を感謝して祈る。次いで疫神社の鳥居に設えた茅の輪を、くぐって参拝。

きょうの祇園祭(疫神社夏越祭)
 関係者の参拝が終わると一般参拝者も茅の輪を、くぐって参拝。ここまで長蛇の列。今年は平日なのにね。
 ここの茅の輪は左右左ではなく真っ直ぐワンパスオンリー。

きょうの祇園祭(疫神社夏越祭)
 茅の輪の茅を抜いて自作茅の輪を作る人も居るけれど、八坂神社ではちゃんと茅の輪守りを用意してくれてます。持ち帰り用の清浄な茅なら良いんだけど、茅の輪の茅はくぐった人の悪疫を吸い取って集めて溜めてるので不吉ですよ。

きょうの祇園祭(疫神社夏越祭)
 山鉾でちまきをいただきそびれた人も今日までなら八坂神社で授与していただけます。で、恒例の鯛みくじ。引くんじゃなくて釣るらしい。えべっさんかいな。(これも恒例のツッコミ)

| | コメント (0)

2017年7月26日 (水)

みたらし祭@下鴨神社。

 八坂神社が祇園祭なら下鴨神社はみたらし祭。真夏の丑の日の前後に御手洗池に入って灯明を灯してくる。そんな行事があしつけ神事。

みたらし祭@下鴨神社。
 朝の5時半から夜21時までやってるけど、火を使う行事だけに夜の方が華やか。早朝程では無いにしても涼しいし。

みたらし祭@下鴨神社。
 ①靴を脱いで準備が整ったら受付で貰ったろうそくを持って池にジャブジャブ入って行く。地下から湧き出る御手洗池の水は脳天に突き刺さる感じの冷たさ。②何カ所がある斎火を手元のろうそくに移して…。③神前のろうそく立てに立てる。④池から上がって靴を履いたら御神水を頂いて飲む。⑤足形祈祷木で無病息災を祈る。(オプション)⑥最後にみたらし社にお詣りする。

みたらし祭@下鴨神社。
 ずらっと並んだ灯明が綺麗。

みたらし祭@下鴨神社。
 狸のぬいぐるみが居るのはアニメのせいか?

みたらし祭@下鴨神社。
 下鴨神社の顔出し看板。

| | コメント (0)

2017年7月24日 (月)

きょうの祇園祭(還幸祭)

 昼過ぎに山鉾巡行が終わったら、夕方からは還幸祭。山鉾巡行は還幸祭の露払いだからね。神幸祭は家からやや離れていたのでパスしたけれど、還幸祭は神様の方から近所にやってきてくださるので大政所御旅所でお出迎え。

きょうの祇園祭(還幸祭)
 最初に久世駒形稚児が長いお供の列を引き連れて参拝。

きょうの祇園祭(還幸祭)
 続いて中御座。三基有るお神輿の先陣。太鼓の音と共に「ほいっと!ほいっと!」の掛け声で登場。

きょうの祇園祭(還幸祭)
 御旅所に参拝した後、お神輿を差し上げて揺する。ここでも掛け声は「ほいっと!ほいっと!」

きょうの祇園祭(還幸祭)
 烏丸通の上下4車線のうち2車線を封鎖する上にバスが経路変更してて普段より烏丸通を通るバスが増えてる。結果、バスが何重連にもなって壮観。これも祇園祭名物。路駐の軽が挟まってますがこの時は少なくとも10両編成以上には連なってました。

| | コメント (0)

«きょうの祇園祭(後祭山鉾巡行)